「ぼくうみ」とは……

ぼくはうみがみたくなりました。通称「ぼくうみ」は自閉症の青年が主人公の劇映画です。
ドラマ作品です。ドキュメンタリー作品ではありません。(よく間違われるもので…)

2002年、原作の小説出版。
2006年、映画製作開始。
2009年夏、ロードショー公開。
同年秋からは全国各地での自主上映会もスタート。
年間で300ヶ所以上、総計5万人以上の方々にご覧頂くことができました。
国会議事堂内での議員さん向け上映会やニューヨークでの上映会、ANAの国際便内での上映等も経験させて頂きました。

多くの福祉や自閉症の関係者から「自閉症の理解と啓発を進めるうえで、『ぼくうみ』は日本で一番の映画だ」という評価を頂いてきました。
その高評価は、ぼくうみ以降に自閉症をテーマにした映画は数多くつくられていますが、おかげさまで後続のどの作品にも抜かれずに済んでいます。

最近になって、以前はほとんど知られることのなかった「自閉症」という言葉が、多くの方に知られるようになりました。
しかし相変わらず、実際には自閉症の人とは会ったことがない、という方々が大多数です。
「自閉症」「発達障害」等の単語は、その言葉だけが一人歩きしているのが現状です。

「ぼくうみ」は流行を追いかけるだけの映画ではありません。
すぐに古くなる映画ではありません。簡単に色褪せる映画ではありません。
もっともっと多くの方々に観て貰える価値のある映画だと思っています。

ライブラリ版DVDを販売中です

自主上映会を企画してくださる方や各学校等の図書館向けに、無償上映権付ライブラリ版DVDを販売しています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

ヒロキのこと

最近では、「ぼくうみ」という映画のことは知っていても、作者の私(山下)がなぜこの映画を作ったのかを知らない方が多くなってしまいました。
それって、なんか悔しいので、こちらのページでちょっと説明させて頂きます。m(__)m

↑ PAGE TOP